プリントパック

プリントパックでカード印刷をする時の注意点

カード印刷名刺・箔名刺など品揃えが豊富です

『プリントパック』で名刺やショップカードを依頼できます。

カード商品はショップカードやスタンプカードなど種類が豊富で、紙質や紙の暑さなど多数取り揃えています。

カード商品の中で代表的なものが名刺で納期も短く価格の低価格でお求めできます。

ビジネスやプライベートの名刺はもちろん販促用のショップカードやスタンプカードなど激安価格対応しています。

名刺印刷初めての方もお気軽に利用いただけます。

そしてオンデマンド箔名刺印刷はビジネスシーンの必需品、名刺印刷に箔印刷ができるようになりました。

箔の型は自分の好みに合して自由に作成できます。

企業のロゴやショップのアイコンを名刺のワンポイントで印刷することができます。

続きを読む

プリントパックで横断幕印刷は対応しているのか調査してみた

意外に敷居が高い横断幕印刷

街中の歩道橋に掲げられた標語や商店のフライヤーなどとして、横断幕を目にする機会はよくあります。

しかし、この横断幕をいざ印刷しようとすると、敷居が高いということをご存知でしょうか。

簡単に述べれば、非常に大きなものに印刷する技術と、布やそれに近い素材に印刷する技術を両立させなければ横断幕印刷はできません。

様々なニーズに対応してくれるネット印刷であっても、この横断幕印刷の敷居の高さはあまり変わらないのが現状です。

では、ネット印刷の大手であるプリントパックでは、横断幕印刷をすることはできるのでしょうか。

続きを読む

プリントパックでカレンダー印刷をする時の注意点

最初に形を決めておく

プリントパックでカレンダーを印刷する際には、まずはどのような形で印刷をしたいのかということを考えておく必要があります。

これを決めておかなければ、途中で慌ててしまうことになり兼ねません。

例えば、中綴じカレンダーを作りたいのか、壁掛けカレンダーを作りたいのか、それともハガキ型の卓上カレンダーを作りたいのか…形によって必要な画素数なども異なってきますので、必ず形を決めてから注文をするようにしましょう。

カレンダーの形によって価格も異なりますので、自分の予算と照らし合わせながら形を決めていくと良いかもしれません。

続きを読む

プリントパックで折パンフレット印刷をする時の注意点

折パンフレット印刷、時間とコストで選ぶならこちらがオススメ

商品カタログや会社案内、フリーペーパーなどで折パンフレットを制作する時、どこに印刷を発注すればいいのか迷いますよね。

通常、折加工を含む印刷物を作る際には「紙に印刷をする期間と料金」+「印刷した紙を折る期間と料金」の2つが必要となります。

折るのは少しの手間といった印象になりがちですが、実は時間もコストも多くかかるんです。

時間がない、そしてコストを抑えたい。

そんな時にはプリントパックがオススメです。

プリントパックは折加工まで含んだ納品までの期間と料金で提示してくれているので、明瞭で安心です。

そしてセットになっている分、他社と比べて短納期で仕上がりますし、料金も格安です。

続きを読む

プリントパックで往復はがき印刷をする時の注意点

プリントパックは安く印刷してくれます

プリントパックは安く印刷してくれるので助かります。

しかも、通販での対応ができるので日本のどこにいても印刷が可能です。

もちろん、往復はがきの印刷もできます。

送料は全国どこでも無料ですので安心できます。

また、印刷面は、豊富なテンプレートが用意されていますので、ダウンロードしてご自分が使用するのに一番目的に合わせた物を選べば良いです。

印刷にかかる期日は、5日から9日ほどかかりますので多少余裕を持って注文した方が良いです。

なお、データは3か月保存されますのでその間に追加して注文したい場合には以前のデータで印刷できます。

それ以降はデータは使えなくなりますので注意が必要です。

続きを読む

プリントパックでウェルカムボード印刷をする時の注意点

ウェルカムボードのサイズを決める

まずは、ウェルカムボードのサイズを決めます。

通常はB3~A2サイズぐらいがお勧めです。

B5ノートを4つ並べたサイズです。

大きさを決めるポイントは、式場のウェルカムスペースの広さ、来場者からの距離を目安に決めます。

小さすぎると、せっかくの写真やイラストが見えづらくなってしまいます。

ポスター印刷をして額縁に入れて飾る場合には、額縁のサイズの確認も必要です。

また、式場でイーゼルを借りる場合にはそのサイズの確認も必要です。

また、後で家にそのまま飾りたい方は、A4、B4、A3ぐらいのサイズにしてあまり大きいサイズにしないほうが良いでしょう。

プリントパックで注文する際に、式場で飾るサイズと家で飾るサイズの2つのサイズで注文するのもお勧めです。

続きを読む

プリントパックで絵本印刷する時の注意点

データ形式を守ること

プリントパックで自分だけの絵本を作りたいと思った場合には、注意すべき点がいくつかあります。

一つ目として、データの形式を守るということが挙げられます。

人によってイラストや文章の保存形式というものは異なりますが、データ入稿の際には業者によって受付可能な形式が決まっています。

場合によっては入稿を拒否されてしまうこともありますので、あらかじめ注意しておくと良いでしょう。

自分では保存することが出来ないデータ形式ばかりの場合には、イレギュラーの形式も認めて貰えるのかどうか、初期段階で打診してみることが大切です。

続きを読む

プリントパックでうちわ印刷をする時の注意点

たくさん選べるうちわ、特殊な形状だからこその注意点

プリントパックで印刷できるうちわは、エコでシンプルな紙うちわ、紙うちわの持ち手の部分がチケットやクーポン券になるチケット付き紙うちわ、紙うちわにプラスチックの柄がついたワンタッチうちわ、プラスチックの骨がついて頑丈なポリうちわの4種類があります。

ただ、形状が特殊なため、シンプルな紙うちわでも最短納期が5日から8日、ワンタッチうちわやポリうちわは10日と他の印刷物に比べて時間がかかり、また全種類のうちわで土日祝日、は納期カウント、出荷などを行っていないため、日付に余裕をもって注文する必要があります。

続きを読む

プリントパックで年賀状印刷をする時の注意点

プリントパックは他社に比べて値段が安い!

プリントパックで年賀状を印刷すると、オリジナルのデザインで7営業日納品、200枚で約13000円(送料無料)と、他社に比べて安くなっています。

フジカラーやキタムラオンライン、ベストプリント、ラクスルに比べると格段に安いです。

オリジナルデザインで100枚で比較してみると、ラクスルは宛名印刷未対応で約9500円、ベストプリントは宛名印刷が無料でナンバリングも可能で約7900円のところ、プリントパックは宛名印刷が480円で料金は約7000円と、他2社に比べて安いのが分かります。

ですが、安いからという理由だけでプリントパックに決めずに、印刷の質やシステムなど注意すべき点も見ていきましょう。

続きを読む

プリントパックで名刺印刷をする時の注意点

安くてお手軽!プリントパックのメリット

プリントパックという印刷通販のサイトを利用すれば、はがき・名刺・大判ポスターなど様々な印刷物を作成してもらうことができます。

特に名刺の場合は大量に必要になるケースが多いです。

もちろん、自宅のプリンターを使って自作をする事も可能ですが、手間がかかることと名刺用の専用用紙やインク代も決して安くはありません。

また印刷ミスや出来上がりに満足いかなかったりといった失敗の可能性もあります。

プリントパックで依頼をすると、仕上がりがきれいなだけでなく、価格もお手ごろといったメリットがたくさんあるのでオススメです。

続きを読む