プリントパック

優しく解説!プリントパックの入稿時間は何時まで?

素早くネット印刷を行うのなら入稿時間を気にするべし!

ネットで原稿を依頼するだけで印刷物を届けてくれるネット印刷。

店舗に出向く必要も無く、非常に手軽で便利な印刷サービスとして定着しつつありますが、その納期を大きく規定する要因が「入稿時間」です。

より早く印刷物を納入して欲しいという場合は、この入稿時間を気にしておく必要があります。

プリントパックには印刷物が到着するタイミングを選べるサービスがありますが、そのサービスによって入稿時間は大きく変わってきます。

より素早く印刷物を納入して欲しい場合などは、それに応じた入稿時間を厳守するように心がけておくようにしましょう。

続きを読む

優しく解説!プリントパックで店頭受け取りの方法

プリントパックでは、印刷物の店頭受け取りも可能です!

プリントパックといえば、カタログやパンフレット、チラシなどの印刷物をインターネットで簡単に注文でき、完成した印刷物は宅配便で受け取ることができる便利なサービスとして知られていますが、宅急便での受け取り以外に、店頭で印刷物を受け取れるサービスがあることをご存知でしょうか?店頭受け取りサービスは、東京都内では、神田神保町にある東京支店で行っています。

東京支店は、都営地下鉄新宿線や三田線、東京メトロ半蔵門線「神保町駅」のA2・A3番出口より歩いて1分という、ビジネスマンが利用しやすい好立地にあります。

続きを読む

優しく解説!プリントパックの追加注文の方法とは

プリントパックってなに?

プリントパックとは、ポスター・はがき・名刺など、印刷物を外注する事の出来るサービスです。

もちろん、これらは自宅のパソコンやプリンターがあれば自分でも作ることは可能です。

しかし大量にすばやくかつ安い価格となると、自作するほうが諸々のコストがかかる傾向にあります。

例えば数百枚に渡る名刺の作成や、両面印刷のカタログ・チラシの作成は、自作すると手間だけでなくインク代・専用の用紙代なども必要になるため、高額になります。

また、注文時に別の商品も追加注文も可能なので、一度に様々な商品も作成できて便利な仕組みといえます。

続きを読む

優しく解説!プリントパックの対応ソフトを解説

プリントパックのオススメポイント

プリントパックは、チラシやポスター・名刺などの印刷物を外注することのできる通販サイトです。

特殊な素材や豊富なレイアウトにも対応できるため、結婚式や入学式のウェルカムボード制作や会社のマニュアルファイルなども注文することができます。

そしてプリントパックでは、自分で作ったデータを入稿することでも商品を注文することが可能です。

しかしここで気をつけなければいけない点があります。

それはデータを作る際には、サイトが適応できる対応ソフトを使うことです。

Windowsをお使いの人は、「Photoshop」「Illustrator」「InDesign」といったソフトが対応しています。

Macを使っている場合は、「Illustrator」「Photshop」のほかにマイクロソフトのOffice系でも可能です。

続きを読む

優しく解説!プリントパックの試し刷りの方法

相違がないようにしっかりと事前確認

プリントパックではどこよりも早く印刷できることが特徴です。

本印刷を行う前に色校正やカラープルーフで試し刷りすることで事前確認ができます。

用途によって色校正の種類を選ぶことができるため仕上がりの幅が広げることができるでしょう。

使っているパソコンやプリンターの画面とは印刷方式やカラーモードの違いのよって若干の相違が出てくる可能性があるのでしっかりと確認する必要があります。

1部からでも試し刷りができるので気軽に利用してみることがおすすめです。

レーザープリンター方式、インクジェット方式、オフセット方式という順番に高品質な色合いを表現できます。

続きを読む

優しく解説!プリントパックの送料を解説

プリントパックの送料なら日本全国無料です

プリントパックなら印刷物は日本全国、送料は無料です。

ですから、安心して大量に印刷物を注文しても気にする必要はありません。

もし過去に大量に印刷して安くなったとしても送料を入れたらかえって高くなってしまったという方もいるかも知れません。

しかし、送料無料ならそんな心配は一切ありません。

また、いろいろな種類の印刷物や印刷方法にも対応しています。

いろいろな注文の中には特赦な印刷があったり、また、特殊な物に印刷したりします。

詳しいことはホームページを見るとわかります。

また、わからないことは電話で聞いてみれば良いでしょう。

続きを読む

優しく解説!プリントパックの再入稿の方法

急な変更も素早く対応!プリントパックで再入稿する方法

印刷通販を利用してプリントパックに注文依頼したものの急な予定変更によってデータ変更・差し替えが必要な場合があります。

プリントパックではデータの変更や差替え・注文内容の変更など急な変更にも速やかに対応してくれます。

再入稿には大きく分けて2つのパターンがあり、デザイン部分のデータ変更及び差替え・デザイン以外の用紙や部数などの変更ができます。

今回はこれらの2つのパターンについて詳細方法を説明します。

再入稿のタイミングによって料金が大きく変わってくるので早めに対処するべきです。

急な変更があった場合でも安心して問題解決できるようにしておきましょう。

続きを読む

プリントパックは請求書払いはできるのか?

プリントパックとは?

プリントパックは、名刺やはがきなどから、うちわ・ファイルの印刷など様々な印刷物の注文を受け付けている印刷通販サイトです。

個人で作ることは難しいものでも制作が可能なので、個人から企業まで様々なユーザーに選ばれています。

注文から手元までに届くためのおおまかな手順は、まずホームページから希望する商品・部数・納期などを選びます。

次に支払い方法を選択します。

支払い方法には「銀行振り込み(前入金」「クレジット」「ペイジー」「代引き」から選ぶことができます。

なお、「請求書払い」は受け付けていないので注意してください。

続きを読む

優しく解説!プリントパックの校正の手順解説

色校正ってどんなもの?

ネット通販で買ったアイテムが届いたときやパソコンで作ったデータをプリントアウトしたときなどに、「色が違う」と感じたことはないでしょうか。

パソコンのモニターに映し出される色と実際の色は違っていることが多いのです。

印刷通販でも、こうした「色が違う」現象は起こります。

それを防ぐためには色校正の利用がおすすめです。

プリントパックでも色校正のオプションプランがあります。

色校正を利用すると実際に印刷した校正見本を確認し、納得いくまでデータの修正が可能です。

まあ、パソコンのプリンターと業者に依頼する印刷では印刷方式が違うため、印刷したときの色が違うことが多くなります。

校正には、印刷会社で用意されている校正プランの利用がベストです。

続きを読む

プリントパックで印刷ミスが分かった時の対処法とは?

印刷ミスの対処法

インターネット印刷で人気のあるプリントパックですが、このサービスを利用するにあたり印刷ミスというリスクを考えておかなければいけません。

例えば指定した色と違うものがあがってくる、文字が化けている、レイアウトが崩れている、インキの汚れがついているなど人的な事故、技術的な事故、ソフト間の互換性による事故などオフセット印刷やオンデマンド印刷などこれらの印刷方法には様々な工程が掛かってくるためどこで起きた事故なのかを究明しなければいけません。

どこの工程で起きたミスなのかを考えながらその対処法をみていきましょう。

続きを読む